整形外科

 

特色

最新式の超伝導MRL、脳血管撮影装置(3D-DSA)、頸動脈超音波装置を駆使し、外来での診断・予防治療はもちろん、24時間体制で脳卒中急性期治療にあたっています。
従来より定評のあるリハビリ部門も備えており、急性期からリハビリテーション、在宅医療まで一貫した治療を行います。

 

医師紹介

moriyuki_doctor.jpg

藤井 衛之

 

取り扱う主な対象疾患

  • 腰部脊柱管狭窄症、すべり症、頚髄症、ヘルニア、外傷性及び骨粗鬆症による脊椎骨折など脊椎疾患全般

  • 大腿骨頚部、転子部骨折(可能な限り早期手術、早期離床を行っています)

  • その他手術適応の外傷

  • 椎間板ヘルニアなどで「手術は嫌だが、通院治療は可能」という方には、各種ブロック治療等の保存治療入院も受け入れています。

 

手術について

~準備中~

 

検査体制

~準備中~