脳神経外科

 

特色

最新式の超伝導MRL、脳血管撮影装置(3D-DSA)、頸動脈超音波装置を駆使し、外来での診断・予防治療はもちろん、24時間体制で脳卒中急性期治療にあたっています。
従来より定評のあるリハビリ部門も備えており、急性期からリハビリテーション、在宅医療まで一貫した治療を行います。

 

​医師紹介

haba_doctor.jpg

病院長 羽場勝彦

​【経歴】

1967年 金沢大学医学部卒 医学博士

【専門】

脳神経外科全般

【資格】

日本脳神経外科学会認定専門医

【所属学会】

日本脳神経外科学会

日本脳神経外科コングレス

​日本脊髄外科学会

hiroyuki_doctor.jpg

​​藤井 博之

【経歴】

1971年 金沢大学医学部卒業

1983年 金沢大学医学部脳神経外科医局長

1984年 金沢大学医学部脳神経外科講師

1988年 藤井脳神経外科病院 開業
2002年 医療法人社団 博洋会
藤井脳神経外科病院設立
理事長就任

2021年 金沢古府記念病院 医師

【専門】

脳神経外科全般、脳血管障害

【資格】

日本脳神経外科学会認定専門医

日本医師会認定産業医

リハビリテーション科専門医(1263号)

日本リハビリテーション医学会指導責任者(第90770号)

日本リハビリテーション医学会研修施設(第118553号)

人間ドック認定医(3356号)

脳ドック専門医(10023)

【所属学会】

日本脳神経外科学会

日本脳神経外科コングレス

日本リハビリテーション医学会
日本人間ドック学会

​日本脳ドック学会

 

取り扱う主な対象疾患

くも膜下出血

●急性期管理
 急性期より脳圧管理、全身管理を行い、MRI、脳血管撮影装置による動脈瘤の検索を行い、治療方針を決定します。


●最善の治療法の提供
 患者さんの症状の重要度と動脈瘤の部位、大きさ、形により、手術顕微鏡を用いた開頭手術を行います。

脳出血

病状によって、外科的治療(手術)もしくは保存的治療(薬物治療)を行います。
神経内視鏡を用いた低侵襲な血腫除去手術を行うこともあります。

脳梗塞

超伝導MRIにより、24時間いつでも急性期診断を行います。診断の遅れがなく、 治療の機会を逃しません。


●外科的治療と内科的治療
 急性期における薬物療法及びリハビリ療法と早期より確実に行い、維持療法に至まで各自に 最適のリハビリを行います。

脳腫瘍

●脳腫瘍全般に対応
 小児から成人、良性腫瘍から悪性腫瘍を扱います。


●治療
 金沢大学附属病院脳神経外科と緊密に連携し、手術の方は金沢大学附属病院へ紹介します。
 術後のリハビリ療法については当院にて綿密に行います。