消化器外科

特色

当科は腹痛、嘔吐、下痢、食欲不振、下血、便秘などの消化器症状の患者さんに対して検査、診断、治療を行います。他には鼡径部(足の付け根付近)腫脹や同部の疼痛が主症状である、鼡径ヘルニアの診断、手術も行います。

胆のう結石症に対する診断から治療も行い、手術は腹腔鏡下胆のう摘出術を行っています。手術は金沢大学附属病院胃腸外科、肝胆膵・移植外科と連携し行っています。

腹部手術後のリハビリテーションも積極的に行っており、特に金沢大学付属病院とは連携し入院・外来通院で機能の改善を目指しています。

さらに検診や精密検査に欠かせない上部内視鏡検査(胃カメラ)や、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)、腹部超音波検査も行います。胃ポリープ、大腸ポリープの内視鏡切除も行っています。

医師紹介

matumura_doctor.jpg

松村 昭宏

【経歴】

1993年 金沢大学 医学部医学科卒

【専門】

消化器外科全般

【資格】

日本外科学会認定医

【所属学会】

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本臨床外科学会
日本癌治療学会
日本乳癌学会

取り扱う主な対象疾患

【消化器癌(胃癌、大腸癌、膵臓癌、胆管癌、胆のう癌、肝臓癌、食道癌など)】

当院にて検査、診断を行います。

治療は金沢大学付属病院胃腸外科、肝胆膵・移植外科と協力しながら患者さんにとって最善の治療となるよう連携して行います。

【胆のう結石症、胆のうポリープ】

当院にて検査、診断、治療を行います。治療は腹腔鏡下手術が主体です。

【鼡径ヘルニア】

当院にて検査、診断、治療を行います。

【大腸ポリープ、胃ポリープ】

内視鏡検査による診断から切除まで行います。検査にあたり当院に入院することも可能です。